福利厚生リラクゼーションのnap house
福利厚生リラクゼーションのnap house

TEL:044-280-9233
営業時間 AM10:00 ~ PM10:00
福利厚生リラクゼーションのnap house 福利厚生リラクゼーションのnap house

健康増進・生産性の向上に、オフィスで至福のリラクゼーションを

福利厚生としてのリラクゼーション

経済産業省が推進する、健康で快適に働ける環境を作る「健康経営」は、従業員の活力や生産性の向上など組織の活性化をもたらし、社員の業務効率を上げることも期待できるため、取り入れる企業が増えています。

そのなかで、「オフィスで受けられるリラクゼーションサービス」は、社員の健康増進や生産性向上につながる効果的な法定外福利厚生として今注目されています。

健康で快適に働ける環境をつくるための「健康経営」を、nap houseがお手伝いいたします。

「健康経営」とは
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
経済産業省HPより

社内リラクゼーションのメリット

社内リラクゼーションのメリット1

健康増進・生産性の向上

長時間のデスクワークが続く職種だと、姿勢の悪さや運動不足によって心身の不調が出やすくなります。肩こりや腰痛の解消はもちろん、疲労の回復・血行改善などの効果もあるため、大きなリフレッシュ効果が見込めます。

社内リラクゼーションのメリット2

健康経営に取り組む姿勢をアピール!

企業として従業員を大事にしている、という姿勢を見せることで従業員・求職者に対してのアピールになります。
また、リクルートの場面では、他の企業との差別化にもなります。

社内リラクゼーションのメリット3

コミュニケーションツールとして

社内共通の話題ができます。
また、心身ともに健康な状態を保つことでストレスか軽減され、社内でのコミュニケーションの増加が期待できます。

社内リラクゼーションのメリット4

会社の経費に落とすことができる

会社の全従業員の福利厚生目的でリラクゼーションサービスを受けることができる場合、福利厚生リラクゼーション代は、会社の経費に落とすことができます。

社内リラクゼーションのメリット5

特別な準備は必要ナシ!

施術を行うスペースとしてベッドが置ける広さ(1畳程度)と給湯器があればOK。
ベッドは折り畳みベッドをご用意いたします。その他、タオル類や着替えなどもnap houseがご用意いたします。

nap houseのサービス内容

ボディケア、ヘッドケア、ハンドケア、フットケア、フェイスケア等、お客様のご要望に合わせて施術いたします。

ボディケア
ボディケア
ハンドケア

導入までの流れ

お問い合わせから導入までは最短で2週間程度です。

まずはお気軽にご相談ください。
状況やご要望をお伺いし、最適なプランをご提示いたします。
お打ち合わせに伺い、場所や日時を決定します。
ご契約となった場合は契約書を交わします。
その後は指定の日時に訪問させていただきます。
福利厚生リラクゼーションのnap house

新着情報

  • 2019.10.29 サイトを公開しました。

TOP